インプラントで心配な問題を解決|クリニック選びに迷ったら

女性に多い理由

白い歯

神奈川の歯科クリニックでは、歯周病治療に来る患者の男女比率は圧倒的に女性が多いといいます。神奈川だけに限らず、全国的にみても女性の方が歯周病治療を必要とする傾向があるのです。なぜでしょうか。その原因には、女性ホルモンが考えられています。プロゲステロン、エストロゲンといった女性ホルモンは、歯周病の原因となる細菌に影響を与えるといいます。女性ホルモンによって、菌が増えてしまうので、歯周病治療が必要となってしまうのです。また、女性ホルモンが増えることによって、炎症が起こしやすくなります。女性ホルモンの影響が大きくなるきっかけとしては、生理や、出産、閉経などがあります。思春期に始まり、妊娠中、閉経と、人生でも何度もホルモンバランスが乱れるような大きな身体の変化が訪れます。そのため、男性よりも圧倒的に女性の方が歯周病治療を必要とするのです。特に、神奈川の歯科クリニックでは、妊娠中の歯周病治療について注意を促しています。妊娠しているときに重い歯周病にかかると、出産時のリスクがアップしてしまうので、早めの歯周病治療が大切になるでしょう。また、神奈川の歯科クリニックでは、歯周病治療が間に合わず、歯を失くしてしまった場合もインプラント治療などでフォローしているといいます。入れ歯やブリッジなど、最適なものを選ぶことができます。しかし、自分の歯を少しでも長く健康に保つことが最も理想的ですので、日頃からのケアやメンテナンスが重要になるでしょう。